新潟県・上越市の「便利屋リライフ」 対応エリア:上越市全域、糸魚川、柿崎、妙高、新井、米山、 柏崎
電話する

上越初?遺品査定士に合格しました。

 

リライフの小泉です。

 

遺品整理業を起業するには、資格等はまったく必要ありません。

 

ご遺族や関係者様の思いをしっかり受け止め、作業に取り組めるなら免許等はいりません。

 

しかし、世間一般的に「わたし、こんな資格をもってます!」という方が会社、人、社会での信頼度は増します。

 

例えば、住宅のリフォーム業を運営している会社だって免許がなくとも開業はできます(受注額500万円以内ですが)。

 

ですが、「建築業者登録してます」という方が会社の信頼性は格段に違いますよね。

 

 

それと同じでこの遺品整理の業界も「もっておいた方がいいですよ」という資格がります。

 

それが「遺品整理士」と「事故現場特殊清掃士」です。

 

私もこの2つの資格の試験を受けて無事に終了し、今は免状の発行待ち状態です。

 

この資格があればいいのか?と言われると決してそんな事はないのですが、あるに越したことはないのは確かです。

 

そして、その2つと同様にいま注目を集めているのが、「遺品査定士」です。

 

読んで字のごとく遺品を査定する資格です。

 

 

一昔前、金が高騰した時に高齢者を狙って貴金属を買い取る訪販が流行ったのはご存知ですよね?

 

「この指輪1,000円にもなりません。ですが、私なら5,000円で買います!」などと言い、実際には10万円とかで売買している悪徳な業者がいました。

 

国もこれに規制をかけて、今では原則「飛び込み訪問買取の禁止」になっています。

 

ただし、飛び込まなければいいだけで、事前に電話によるアポイントを取り訪問の承諾を受けた後に訪問して買い取るのは全然OKです。

 

古物商免許さえもっていれば、出張買取もできます。

 

 

さて、話を戻します。

 

生きておられる方が「このネックレス買い取ってもらいたい!」と言うならまだわかります。

 

免許をもった業者さんに査定依頼をすればいいわけですから。

 

ですが、これが「遺品」となるとそうはいきませんよね。

 

なぜなら、「私が死んだら、これは買い取ってください。。」という遺書でもあれば別ですが、持ち主(故人様)の買取への意思がわからないからです。

 

 

最近は、買取査定を希望されるご遺族の方も増えています。

 

『高く買って儲けたい』というよりも『誰かに使ってもらえるなら、、、』そんな気持ちが強い気がします(推測ですが)。

 

しかし、故人の愛用していた着物をリサイクルショップに持っていったら「10円です」と言われて持ち帰ってきた、なんて切ない話もあります。

 

 

リサイクルショップが悪い良いと言っているのではありません。

 

彼らだって商売ですし、売れないかもしれない物を買うほどバカじゃありません。

 

定員さんだって、それが「遺品」とは知らないはずです。

 

「いらないから買ってください!」と持ってきたただのお客様の一人と思っているはずです。

 

 

ですが、わたしは遺品の買取とはそんな『流れ作業的』にはいかないと思っています。

 

遺品だからと言って買取価格が上がると言っているのではありません。

 

10円の品が10円であるコトに変わりはなと思うのです。

 

どれだけ定員さんに熱く語っても50円になる事はないと思うのです。

 

 

そうは言っても、故人の思いが詰まった大切な品です。

 

置いておくにもスペースがなかったり、自分ではどうする事もできず仕方なく、リサイクルに出したわけです。

 

 

なので、遺品の買取はその気持ちをしっかりと理解する必要があると思うのです。

 

「この着物は母がよく生け花の時に~」などと思い出話を始めるかもしれません。

 

私はとことん聞きます。

 

ですが、どう見ても10円くらいにしかならない品ならば私ならこう言います。

 

寄付してみてはいかがでしょうか?」と。

 

 

それが正解かどうかはわかりません。

 

ですが、10円で買い取られ他の服と”以下同文”のように並べられるよりは、タダでも使ってくれる人がいる場所へ送った方が故人としても嬉しいと思うのです。

 

高く買い取ってもらいたいなら話は別ですが、遺品の買取を求める方はそれだけじゃないような気がしております。

 

 

そんな思いを理解し適正な価格で買い取り、故人と遺族様の立場にたった査定をするのが「遺品査定士」という資格です。

 

上越では、見た限りこの資格をとったのは私が1番のような気がします(違ったらゴメンなさい)。

 

順番は3番でも10番でもいいのですが、ご遺族と故人の立場にたって遺品買取をする業者としては1番になる決心でおります。

 

ご相談あればご連絡ください。

 

 

PS:

 

 

リライフも古物商の免許をもっております。

 

安心してご相談ください。

ご案内

所在地:〒943-0805

新潟県上越市木田3-1-3

 

電話 : 025-512-5736

    【小泉直通】

Mail:info@relifej.net

上越の便利屋リライフ

代表の小泉です。

リライフ上越では、空き家関連の作業片付けを中心に活動しております。

空き家整理、維持管理、リフォーム、買取、解体、仲介(連携している優良な不動産業者紹介)など、空き家に関することなら何でもご相談ください。

Facebook